2011年09月18日

今後


先週の木曜日はNの誕生日で下の画像は駅前のケーキ屋さんで買った今年のやつ。頑張って手づくりで焼いてた昔を思い出さないことも無いけれど、おいしいし簡単だし…もうそんな手間なことをする元気もない。どうもこれが本音かも。おいちゃんと私とNの3人しかいないのになぜか4個あるし...。

その前日の水曜日、1年ぶりに市の担当の方とNの今後のことで相談。年齢的にそろそろ考えないといけないこともいろいろありまして。これだけは知っておきたいと思うことのいくつかは確認できたのでよかったです。

今後のことと言えば、今夜久しぶりに、もう何年越しで話し合いが滞っていた近所に建設予定の病院の説明会に行ってきました。何年も揉めに揉めたあげく、設計会社も変わって仕切り直しで再スタートのはこび。そんな中、我が家に関することには思ったことを発言して帰ってきましたけれど、それでも困ったこともあって…以前からなぜかご自分の家はちょっと離れていて直接影響もうけないにもかかわらず、どうしてもgreenさんのお宅がその工事ですごく困ることになっている、自分はその代弁者だと主張なさる方がいて下さいまして。

そんなこと、私は一度も頼んでないんですけどねぇ。それなのにどうも知らないところでいろいろと役員さんや施主さん相手に大暴れしておられるらしく、説明会の会場に入ったらどうもへんな雰囲気。なるほどちょっとお顔くらいは知っている方なんですけど私はそれ以上なんも知りませんて。ま、そんなこんなで前途多難な今日この頃。たまりませんわ。

 
SN3D0978




komorebi_3yo at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 息子N 

2011年09月16日

案内

9月28日(水)~30日(金)の日程でNが通っている某所でこんなんやってます。私もちょっと行ってみましょうっと。

2011わっはっは展tete


komorebi_3yo at 12:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月11日

一個

9月に入って少し涼しい日もあったのに、ここのところの暑さのぶり返しは何ということでありましょう。ほんと、たまりませんね。先日退院した実家の母もなんとかまた元どおりの生活を取り戻せつつあるようで、ちょっとほっとしているgreenでございます。 さっそく家に戻った母が近所のブドウ園のお徳用のブドウやら畑のカボチャやらを送ってきてくれまして。

下の画像はこういう品種だと思うのだけれど、ちょっと変わった形のかぼちゃ。味はいつもとあんまり変わらずでしたが形がちょっとおもしろすぎ。(おばあちゃん、有難うね)

ところで今日は一個の話。このあいだのガイドの帰り、利用者さんがあまりの暑さに退出前に記録用紙を作成しているあいだにお茶の用意をして下さりかけて。(こういうシチュエーションも久しぶり) で、当然のごとく、せっかくのご厚意でしたけどヘルパーは頂けないのすよとお断りさせて頂きまして。それでも当然のごとく、暑いのだからと熱心に飲むようにすすめて下さる。

そこで久しぶりに天下の宝刀、一個の話をさせて頂いたらばっちりわかって下さいましてひと安心。ところで一個の話って何?それはですね、大阪南部でヘルパーステーションを運営されている私の尊敬すべき友人のお一人から以前聞かせてもらった話。以来、忘れることのできない私の基本中の基本

ある日、その方の事業所に所属しているヘルパーさんのお一人が申し訳なさそうに報告に来られたとのこと。実は利用者さんからお歳暮を頂いてしまってどうしたらいいでしょうという内容。お歳暮の中身は最高級の松坂肉のセットだったらしいです。そりゃあ、受け取るわけにはいかないのだから今から一緒に返しに行きましょうとといったら、そのヘルパーさん、もうすでにそれは食べてしまったとのこと。

おどろいて詳しくいままでの経過をただしてみると、最初の最初は飴ちゃん一個を頂いたところから始まったとのこと。それが少しずつエスカレートして最後には松坂牛のお歳暮というわけですね。ほんと、気をつけないといけませんね。私、利用者さんが何かをすすめて下さったときにはお礼を言ってから辞退。それでもまだ引いて下さらないときにはこの一個の話でわかって頂くことにしています。だいたいのところ、笑ってすぐにわかって下さるので助かります。 この話を私にしてくれました友人Tさんに感謝、感謝。

今月末にはNの通う某所でもちょっとしたイベントがあるそうで、昨日その案内ハガキやらいろいろを持ち帰りまして。仕事の合間に私もちょっとのぞいてみようと思っています。はやく涼しくな~れ。


SN3D0977



komorebi_3yo at 22:53|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月03日

帰還

今回の台風はとてもゆっくりさんで、そのうえ警報は出ているものの今のところ雨もほとんど降っていない微妙な空模様。先ほどからそんな空をうかがいながらお願いしていた本日のNのガイドはキャンセルすることに致しまして。キャンセルするには中途半端すぎて何だか残念。ま、明日も出かけますしね、そちらに備えましょ。

朝から実家の兄から電話。今日の午後、ようやく母も退院する運び。ほぼ半月の病院生活でしたが経過もよくてよかったです。これを機会に今までご縁がなかった介護保険の認定などもして頂いたり少しゆっくりめの生活をしないといけないのかなと少々弱気になり気味の母でしたが、先生に一回だけ飛行機に乗っても大丈夫か聞いてみるつもりって言ってましたから、昨日あたり、お尋ねしてるかもしれません。心臓の方もちゃんと修繕して頂いて前より性能アップしてるかもなのでそのうち乗せてあげないといけませんね。どこいこ。

それにしても半月も家を突然留守にしていた母をめぐって家の近所ではちょっとしたミニ騒動。毎日家と畑と店を行ったり来たりしていた母が突然姿を見せないのでどうしたのだろうと。すぐお隣のおじいさんの耳に入るとあちらこちらに尾ひれをつけてあっという間に広がってしまうので今回は明石の叔母の家に行っているということで通していたのだけれど、これは入院したに違いないと目を付けたおじさん、やはりやって下さいまして。

母が入院しそうな地元の病院数件にご自分で問い合わせの電話。仕事帰りの義姉を捕まえては入院じゃないのかと追及の嵐。実のところ、心配というより情報局としての任務優先がみえみえで。それでも今回はその捜査網も無事かいくぐり帰還。(笑)やはり何もない日常が一番ですな。

下の画像はちょっと焦げてしまったけれど、先日、前隣りのご主人が和歌山に魚釣りに行ってらしてたくさん獲れたので我が家にもとお裾分けして下さったイサキ。夜遅く、その日のうちにワタも抜いて下さったのを7匹くらい届けて下さって。ちょっとよそ見してたら焦げちゃったわん。それでもすごく美味しかったです、ごちそうさま。

SN3D0975


komorebi_3yo at 12:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月25日

幸運

明日もただ今入院中の母を訪ねる予定。経過もよさそうなので顔でもみてきましょうかね。それにしても今回の搬送、入院の件、本当にものごとがうまくまわってくれて幸いでした。もしかしたら今頃生きてないこともありましたものね。幸運に感謝です。

先日、Nがらみの私にとっては少し先輩格の知り合いの女性から電話を頂きまして。60歳ちょっとの彼女にも50歳代の障害者の弟さんがいらっしゃって、彼らが今後安心して住んでいけるような場所を今、すごく立ち上げたいと思っているのだけれどという内容。私も真剣に考えようと思っていると親しい友人のひとりに伝えたらひと言。「チャンスだ、跳べ!」と。さんきゅです。そのついでに出た話題が障害をかかえる者とその兄弟間に生じる犠牲感について。これは人それぞれ受け止め方が違うから一概に語るにはなぁ...もう少し書いてみたい気もするけれどここに書くべきものでもないか。とりあえずうちのおとぼけ長男にも彼らしい生き方はしてもらいたいと思っていますがね。

長男へ。Nだけのことじゃなく生きていたらいろんなことが起こるしね。(おそらくここを読むことはないとは思うけど)兄ちゃんはどこに居ても今は自分のことを頑張れ。問題はそれからだ。

SN3D0974


komorebi_3yo at 21:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月21日

梗塞

一昨日の夕方、お盆の墓参りもすませてまたいつもの日常に戻った途端に実妹からの電話。16時半頃に母が心筋梗塞で専門病院に救急車で搬送されて、今、兄夫婦と一緒に病院に向かっているところだと言う。16時半頃...たまたま時間が空いてその1時間ほど前に外出先から携帯で電話をかけてつい先ほど話をしたばかりだったのに。

血圧や血糖値、それに前回受けた検査もろもろの結果はどうだったの?と私。今のところどの項目も順調で言うことなしだと言っていたのでひと安心してたのに。ここのところ恒例になっている秋の小旅行(本当に小さな一泊旅行)のことやら楽しく話して声も元気だったのになぁ。

万が一のことが頭のどこかをかすめながら慌ておいちゃんと病院にかけつけたのだけれど、思いのほか処置が早くてずいぶん軽くすんだとのことで、ホッ。この週明けにもICUから一般病棟に移れそうでよかったです。

ところでうちの母、急に胸が痛くなったのでいつものかかりつけの病院に自分で電話をして5分ほどのところだけれどバイクに乗って自力で病院まで。そのあとすぐ専門病院に搬送して頂いて処置。早く辿り着けたのがよかったらしいです。80歳にしては、かなりのgood jobでありました。1カ月ほどの入院予定なのでしばらく通おうと思ってます。

SN3D0960




komorebi_3yo at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 介護 

2011年08月16日

僅差

この13日の土曜日はということもあって朝早くから車でおいちゃんとNの3人で墓参りのために神戸の義兄宅まで。朝の4時半に家を出たのにもう高速道路は早くも渋滞。途中のサービスエリアの駐車場も車でいっぱい。それでも何とか7時頃には到着。(義姉さん、早すぎてゴメン)

画像の花は義兄宅の月下美人。それが何と、昨夜咲いたのだそうだ。僅差(きんさ)のことで間に合わず、ごらんのとおり花はしおれてお疲れさん状態。あとちょっとだったのに残念。来年は見られますように...。

翌日の日曜日は朝の用事を済ませたあと、久々に友人Pママさんのお宅まで。最近自宅マンションをリフォームされてそのお祝にかこつけて友人Tさんを含めてその息子達とで昼食会。(Nは誘ったけれどひとり自宅でリラックス?) 素敵なお家になってましたね、お疲れ様!

夜にはいろんな意味で刺激をうけて、思わずNが一人で暮らせそうな賃貸物件をPCで検索してみたり...N名義で部屋が借りられるかどうかもわからないのだけれど。いろいろ探しているうちについでにすでに一人暮らしをしている長男の住んでいる地域の物件もみてみたのだけれど意外なことに気がつきまして。

あらら、今住んでいる1Rマンションはすごく狭くてキッチンのシンクもかなり小さい。1部屋しかないのに何もかもその部屋で間に合わせているのもあって見るからに悲惨。もう少しスペースが広いとマシなのだろうけれど家賃のことを考えると無理は禁物。ところがあと5000円も出せばもっと駅に近いところに2LDKなんていう物件も。こんど帰宅してきたら将来どうするにしても一度引っ越しもいいのではと勧めてみようかと。

まずは長男の引っ越しから。思いもつかずいいアイディアが浮かんだのもPさんのお宅に行ったおかげかも、さんきゅでした。Nもいよいよなんとかせねばね。

SN3D0967

SN3D0966


komorebi_3yo at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月12日

暑気

あまりに暑い日が続いて少々暑気あたり気味の今日この頃。それでもなんとか日常生活は遂行中。暑い時はただ立っているだけでまるで気力、体力が湯気のように身体から蒸発していってそうに感じるのは私だけなんでしょうかね。夏は苦手なgreenでございます。(うへー)

下の画像はこのあいだ、Nがらみの用で市役所に行った時に、廊下の展示コーナーでお見かけしたもの。たまたまお知り合いのお母さんの子供たちが所属されておられる美術クラブのメンバーさんが描かれたものらしい。

携帯カメラで撮っても良いですかと役所の方にお聞きしたらいいですよって言って下さったので、(本当はご本人に確認しないといけないんだと思うんだけれど)お言葉に甘えさせて頂いてパチリ。廊下の一角だから反射してうしろの光がしっかり映り込んでしまってるけれど。帰り際、もう一度しばらくの間、彼の絵をながめていたらふといつかこの方のお母様に会ってみたいような衝動が。 そのうちひょっこりそんなチャンスもあるかもしれない。

SN3D0961

SN3D0963

SN3D0962

SN3D0964

komorebi_3yo at 05:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 息子N 

2011年08月01日

在庫

とうとう8月に突入。暑い日が続いているけれどもなるべく変わらず日常の暮らしを維持したい今日この頃。毎朝ほぼ4時半頃に起き出すので実のところ夕方頃にはくたびれてほぼ使い物にならないことからヘルパーの仕事は出来るだけ午前中心にして頂いているのだけれど、毎回そういうわけにもいかず週に半分は暑いけれども炎天下、歩き回って老体に鞭打つ毎日でございます。

それでも夕方、午後から予定がない日にはNが帰宅するまでのちょっとした間に休憩をかねて横になってみたり、PCをのぞいてみたり、針仕事なんぞをしてリフレッシュ。そうすると不思議とまた就寝までの何時間を元気に過ごせたりしますね。

以前、何年かNの某所のお手伝いに走り回っていた頃はいつも時間に追いかけられて帰宅時間も当たり前のようにNより遅くなる日が週に何度も。あの時期があったので必然的にNの家事力がアップした面もあるけれどどれだけ毎夕、スーパーのお惣菜コーナーにお世話なっていたことか。家に材料はあるのに本当に不経済なことばかりしていたgreenなのでございます。

そんな反省もしつつ、この暑さにもかかわらず今日はまだ残っていた)を使い切ってしまいたくて何と昼過ぎから餅つき。(Nのリクエストで半分はあんこ入り) まだもう少しあるので残りも赤飯やらで使い切る予定。あまりにも季節はずれなので近所の糸電話の君にもおすそ分けしそびれてほぼ全部冷凍庫の中へ。(たぶんNがレンジでチンして食べていつの間にか無くなる予定...)

注☆糸電話の君... 近所なのになかなかゆっくり会えずたまに糸電話のようだねってお互いの窓を見ながら電話で話す昔からの某友人


SN3D0954

SN3D0957

SN3D0956






komorebi_3yo at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 息子N 

2011年07月23日

改良

今年のNの野菜やら朝顔。何とか一生懸命咲いてくれているけれど来年こそはちょっと改良の余地あり。土がね...一度ぜんぶ入れ替えて新しくしてやるといいのだけれど、たぶん。とりあえず今年の朝顔はこんな感じ。


SN3D0945


SN3D0943

SN3D0941


komorebi_3yo at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 息子N 

一人

かんかん照りだった合宿の最終日は台風の接近もあってか朝からしっかりと雨。早々に一泊でひきあげてきた私とちがってN達は今頃まだまだ雨の中で頑張っていることでしょう。午前中は身体が痛くて起き上がれなかったけれどただ今Nの某所を使っての織り教室に通って来られている94歳のおばあさまの一人展が開催されておりまして。

織りだけでなく、絵画や編み物、書道に俳句、なんでもござれのおばあさま。94歳のお誕生日を記念してお子さま達が協力して今日のはこびとなった次第。雨の中、訪れる人は途切れも無くて大盛況。よいものを観せて頂きました~。

SN3D0939

SN3D0934

SN3D0938

SN3D0935

SN3D0937

SN3D0936


komorebi_3yo at 05:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 息子N 

合宿

画像は先週末から出かけたNの陸上のスポーツクラブの合宿の様子。焼けつくように暑かったです。いつもは本人だけ参加なのですけれどこれからは親もなるべく参加ということで...。役員さんや先生ばかりに負担をかけるわけにはいかなくなったからであります。

それでも何だかいままでお世話になりっぱなしだったので参加するとどこか気持ちも楽になったような。おそらく来年も参加の予定です。来年は日焼け対策にももう少し工夫しなくては。(焦げつきそうでした!) それでも二泊三日のところ、今年はとりあえず私は一泊で退散。皆さま、ありがとうございました~。


ちょっと気になったこと(すぐ忘れるので)。夜、同室になったほぼNと同じ歳くらいのメンバーさんのお母さん。子供をガイドと一緒に出かけさせるのには抵抗があるんだと。特に若いガイドとは行かせたくないって。そうかなぁ、同じ歳かっこうのガイドさんと出かけられるってラッキーだと思うけど。真面目にちゃんとケアをしていそうにないガイドさんとかを電車とか外出先で見かけるからって。それでも親以外の人間と外出できるかできないかの差は大きいと思うけど。。。何人もの方にお世話になりながらこの人だ、この事業所だと思うところに辿り着くためにはとりあえず使い始めないと。それに若いガイドさん達、すごく頑張ってはりますよ。



SN3D0911

SN3D0909
SN3D0931

SN3D0932

SN3D0930

SN3D0928

SN3D0913

SN3D0915

SN3D0921

SN3D0919

komorebi_3yo at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 息子N 

2011年07月13日

誕生

先週の土曜日は近くのイオンまでNと買い出し。夏用のチノパン一着と合宿用に下着を少々奮発。いつものように買うもの買って一緒にお好み焼きを食べた途端にその場で解散。置いてけぼりのgreenなのでございます。

その翌日は朝早く、入院中の叔父の見舞いをかねて実妹の次女に赤ちゃんが生まれたのでそのお祝いにNとおいちゃんと3人で。ちょうど3000グラムの男の子。今月1日に産まれたのでちょうど10日目の赤ちゃん。何だか久しぶり過ぎて抱っこするのがこわかったです。

ちなみに足の裏や手の指がすごく長くてこの子は大きくなるんでしょうねと言ったら、その子のパパは小学5年生の時にもうすでに170センチもあったんだそうな。今は180センチくらいでNの方が高かったですけど(>_<) この子もきっと大きくなるね、ぜったい!

かえりに実妹のところのお義父さんがせっかく大阪からきてくれたのだからと大きなスイカを畑から吟味してふたつも持たせて下さって。実家の母からも我が家用に玉ねぎやらジャガイモやらカボチャやらトマトやらが届けられていてトランクいっぱいにして帰ってきました。ま、私もいろいろ用意していったんですけどね。

で、下の画像はせっかくなのでNの通っている某所で食べて頂こうかと箱に入れてみたスイカその他もろもろ。するとさっそく昨夕車で取りに来てくれまして。毎夏某所でも何度かスイカは食べるようなんですけどお初のスイカは格別ですものね。

SN3D0890

SN3D0891

SN3D0900

SN3D0903

SN3D0902

komorebi_3yo at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 好きな... 

緑々

Nが植え付けたキュウリやゴーヤや朝顔が今年も細々ながら順調に成長中。実が採れたって採れなくったって全然気にならない。この緑の葉っぱをみるだけで毎年大満足のgreenなのでございます。朝顔の花はそれでもすごく楽しみ。今年はどんな色合いで咲いてくれるんだろう。

ただ今、今週末から出かける陸上の夏合宿にむけて荷物の準備中。毎年いってらっしゃいと送り出していたのだけれどとうとう今年からはお手伝いで私まで参加することに。あつ~。(二泊三日のところ、とりあえず私は一泊で帰れますけど) 役員のみなさま、本当にありがとうございます。



SN3D0878

SN3D0875

SN3D0876








komorebi_3yo at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 息子N 

2011年07月06日

絵針

2日の土曜日、ほぼ半年ぶりに近所の長年の友人Kさんと八尾のギャラリーさくら道まで。彼女の家と我が家とはすごく近くて歩けば2分、走れば1分のあいだがら。Nが小さい頃から第二の我が家と思わんばかりに足しげく出入りさせて頂けた有り難いお家なのであります。

それでも最近は近くてもわざわざ会って話す時間もなかなか無くて、たまに思い出したように糸電話でもかけてるみたいだねと言いながら電話で話す今日この頃。このあいだ、7月になったら八尾の楽しいところに行くのだけれどと行かない?ってお誘いしたら二つ返事。ほんと、素敵なパッチワークの作品を見せて頂けて楽しかったです。

どの作品もすごく力作でうっとり。もう随分長いこと作られていらっしゃるんですかとそばに居られた方にお尋ねしても、いえいえ、まだまだ最近始めたばかりですって。もう、うそばっかり。どの作品を観ていても皆で話が盛り上がる素敵な空間でありました。う~ん、皆さん、すごいですね。

私が一番こころを惹(ひ)かれたのは下から二枚目の田舎の風景のタペストリー。画像の撮り方が余りにもヘタ過ぎて感じが全然うまく出てませんけれど、スケッチしてこられたそのままの風景が作品に。よくよくみたら小さなお蒲団が干してあったり、おくどさんまで針で刺していらっしゃる。屋根や空や、一枚、一枚の布きれが作品の中に絶妙に縫いつづられておりました。

下から三枚目のコースターの画像。これもなかなかシンプルで素敵。(何より、作り方も簡単で私にも挑戦できそうだなと思えた唯一の作品でもありました、うはは) また寄せて頂きますね、有難うございました。

追伸。私と友人のK、帰り際にちょっとしたことをやらかしてしまいました。一番下の画像の手づくりの鳥の巣箱、素敵でしょう?ギャラリー正面の桜の木に二つ取りつけてあったのですが、連れのKさんがあれ、すごくいいわね~、あれ、どこで売ってるんだろうね、うちの家の裏の木にもつけたいわぁなんて言うものだから...つい。

これを作られているKさん(この方もKさんなのでありました)がちょうどギャラリーの中にいらっしゃって、以前からどこかの山にたくさん取り付けに行っておられるようにお聞きしたような気がして、帰り際、わざわざ中に戻って外にかけてある巣箱、いつでもいいので同じようなのを私たちにもわけて頂けませんかと気軽くおたずねしてしまったのです。アホですねぇ、ごめんなさい。急にそんなことを言い出した私たちにKご主人が、ではあれを取り外して持って帰ったらいいとさささ~っと木にかけ昇り、ひもをナイフで切りほどいて袋に入れて持たせて下さいまして。

あらら、とんだ厚かましいことを。それによく切れるナイフが指先に触れて...あらら、痛いおもいまでさせてしまいました。帰り際に余計なお願いまでしてしまって申し訳なかったです。せっかくふたつの巣箱が桜の木になじんでいたのにひとつだけになってしまって本当にごめんなさいでした。でも今頃、友人Kの家の裏の木に取り付けられた巣箱は今か今かと鳥さんの到来を待っていることだと思います。そんなこんなのさくら道、とても楽しかったです。有難うございました~。(もうおひとりの別のKさんも、いつもありがとうございます。またお会いしたいです)

パッチワーク同好会 
代表 岩沢玲子 (ギャラリーさくら道 八尾市山本町)


SN3D0871

SN3D0863

SN3D0868

SN3D0866

SN3D0865

SN3D0864

SN3D0870

SN3D0867

SN3D0873

SN3D0872

SN3D0869

SN3D0874

komorebi_3yo at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) さくら道 

帰還


調子がおかしくなって修理をお願いしていたPCが10日ぶりに帰還。その10日ほどの間にガイドの仕事の合間を見計らって高校の時の友人と神戸で会ったり、Nが以前お世話になった方と喫茶店でお茶を飲んだり、そして本当に久しぶりに近所の友人と八尾のさくら道まで出かけたり。(短期間にまとめて出かけたので少々バテております) (>_<)

1枚目の画像は久しぶりに駅前の喫茶店でお会いしたAさんにもらって頂いたNの織り。(手帳カバーは見て頂いただけだけど) この織り、3月の義母の納骨の時に神戸の義姉へのプレゼント用に半分をカット。そして残りの半分の半分は5月に12年間バスケットボールの練習でご指導して下さったK先生へのお礼としてお嫁入り。そして同じく残った半分の半分をご無沙汰のご挨拶にAさんにもらって頂いたもの。1本まるまる役に立ってくれました。

その下の画像はヘルパーの定例会でゴチになった調理実習でのお料理。ちょうどガイドの日だったので出来上がったところに参上して試食だけさせて頂いて大満足。おいしかったでござる。その他いろいろござった7月初めの今日この頃。何とか生きております。

SN3D0861

SN3D0859

SN3D0862


komorebi_3yo at 23:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 息子N 

2011年06月23日

柳生


今年秋にも予定している三婆(四婆?)珍道中がピンチです。実は先日見舞いに行った叔父は一緒に出かけようとしている叔母の夫。田植えやら何やらで疲れて抵抗力が落ちていたところ、なぜか全身に湿疹が出来てしまって急遽入院しての治療となりまして。法事のあと、義兄夫婦と私たちと叔母で病院に行ったら叔父の状態もかなり落ち着いていてほっとひと安心。年齢(84歳)的なこともあってか用心してひとまずはゆっくり養生して頂くということで。

そしてその翌日の日曜日、実妹と車で病院までその叔父を訪ねた実家の母。久しぶりに叔母とゆっくり話せてお見舞いとは言いながらも楽しい一日を過ごしたよう。ところがこの母も、前日、今年とれた新玉ネギを紐(ひも)で結わえて背伸びして軒下にかけようとしておそらく皮のかけらが上を向いている母の
目に入ってしまったのか目が開かないくらいに腫れあがってしまって...朝から眼科に走って見舞いの当日は眼帯がはずれたばっかりだったのであります。

心配して実兄に電話をかけたら「だいじょうぶ、昨日はまだ柳生十兵衛だったけど今日はもう眼帯もとれてるしなって。ったく、柳生十兵衛だなんて不覚にも笑ってしまうではありませんか。眼の方はそれでひと安心だったのだけれど母もちょっと抵抗力が無くなっていたみたい。見舞いの翌日の朝、突然ヘルペス(帯状疱疹)になりまして。おそらく叔父の病院に行った時、皮膚科病棟を歩いたのでたまたまそこでヘルペスウィルスをもらってきたのかも。

叔母の背中のかがみ具合も急にすすんできたような気がするし、こんな感じで二婆の様子がなかなか元気いっぱいというわけにはいかなくて。そろそろ誰か車を運転してくれる助っ人が必要かもね。それでもなんとか今年くらいまではゆっくりゆっくり、のんびりのんびり三婆(四婆?)で出かけてみたいのだけれど。さてさて、どうなりますことやら。

SN3D0858
SN3D0857


komorebi_3yo at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 介護 

2011年06月17日

簡単

田植えがすんでから半月があっという間。そのあいだにNの夏の陸上の合宿の説明会があったり某所の今年度の事業内容の説明会があったり...どうも、昨年度立ち上げた自然食弁当の部門はみごとにコケたらしい。いろいろ思うところはあるけれど、ま、しょうがない。今週は特に心身ともに打撃の大きい7日間でありました、うへー。

ところでまた明日も早朝から出かけます。A叔父の法事とB叔父のお見舞いと。B叔父さんが法事の直前に入院されたものだからお参りのあとそのままみんなで病院に向かう予定(病状はそれほど深刻でなさそうなのでひと安心)。ただ、そんなに一度に黒い服ばかりの見舞客が病院に押しかけるのもどんなものですかね。黒服、黒靴、黒ネクタイ...(>_<)  事前に入院のことを知ってる人は数人だけなのだけれどB叔母が当日の朝まで言わないでというので表向きには内緒。でもさっき神戸の義姉にそっと電話したのできっと今頃連絡の電話がかけめぐっているかと思います。みんな着替えももってきてね~。

画像はここのところハマっている簡単ピザ。簡単も簡単、スーパーで3枚入り1袋で売ってるそのままトースターでチンてやるやつ。これに玉ねぎやらサラミやらトマトやらチーズやらをいろいろプラスしてテーブルに出したらNやおいちゃんにもすこぶる好評。おいちゃんは何もわかっていなくてすごく褒めるので今更簡単ピザと言い出せなくて、そうかなぁなんてね。さて、明日の用意をしなくては。

SN3D0824


komorebi_3yo at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 好きな... 

2011年06月07日

青苗

4日の土曜日、朝早くからNとおいちゃんと3人で神戸まで。ちょいと田植えしてきました。今年の参加人数は18人くらい。お天気も少し曇り気味で田植えにはちょうどこれくらいがよかったかも。皆さんの持ち寄りのお料理もとっても美味しかったです。翌日持ち帰ったお土産は両膝の筋肉痛と新玉ねぎとお米とすぐに食べられる夕飯用のお惣菜いろいろ。(義姉さん、さんきゅ)

ここ何年か前からNも自分で出来る作業をさっさと見つけて皆の中で黙々と動けています。毎年の積み重ねって有り難いなぁと改めて思うgreenなのでありました。次は秋の稲刈りですな。

SN3D0834

SN3D0833



SN3D0837

SN3D0839

SN3D0838

SN3D0843

SN3D0844

SN3D0851
SN3D0845

SN3D0846

SN3D0827

SN3D0829

SN3D0831

SN3D0828

SN3D0826





komorebi_3yo at 09:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年06月04日

荷造

あと3時間足らずで神戸まで出かけると言うのにまだ起きていてPCなんて触ってる...毎年恒例の田植えなのだけれど今年は泊まりがけかと思うと妙に中途半端に台所を磨いてみたり、まだ整理し終わってない洗濯物もそのままに持っていく用の餃子を包んでみたり...早く寝ないといけないのにね。ということでちょっとだけ寝ます。

土曜日の午後催されるProteamamaさんのところのジャズライブ、ちょうど田植えと重なってしまって行けないけれど盛況だといいなぁ。ちょうど八尾のギャラリーさくら道でも皆さんにぎやかにされておられることでしょう。では、行って参りまする。



SN3D0607


komorebi_3yo at 03:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月02日

予防

あ~、今日も久しぶりにたくさん歩きました(自分比)。午前と午前にそれぞれガイドが1本ずつ。どちらも白杖を持たれる方で雨の中電車に乗ったり階段を昇ったり。それでもなかなかの緊張感でその都度無事にお家まで戻られた時の利用者さんとのある種の達成感と安堵感と一体感もオツなものであります。また次回も頑張って行かせて頂きたく思うのであります。

夕方5時頃、急いで帰宅してからそのままNと駅前の皮膚科の前で待ち合わせ。乾燥肌でちょっとカサつくのでお薬を頂きに。これまた雨の中、てくてくと傘をさして。今週末の田植えまで体力を温存しとかないといけないのになかなかうまくいきませぬ。(どうも今回の田植えは久々の泊まりがけになりそう、がんばれ自分。)

ところで先月の1日でちょうど80代に突入した実家の母。電話を入れると元気は元気なのだけれど近頃少し足が腫れたりもするらしい。朝から晩までごそごそ動いてばかりだからかしらね..朝、起きぬけには少し指とかも強張(こわば)るなんてことも言い出して。やはり何といっても80歳ですものね、順調に歳は重なっていっているようであります。

で、そんなに調子がわるければ今年の秋の三婆(四婆?)旅行はやめておいたほうがいいのかしらねと尋ねると、いやいやそんなことはない、ちゃんと行けるから大丈夫と即答の母。まだまだしばらくは元気でいてくれそうでよかったです。どうも三歳下の叔母と今年はちょっと西の方に行ってみたいわねと話しているらしい。西ってどのあたりの話なんでありましょう。予算の都合もあるし、我が家は一泊以上空けられもせず。どうかお手柔らかにと願うばかりのgreenなのでありました。

それでも少々体力に自信がもてなくても目の前にささやかでもちょっとした楽しい予定を組むだけでこれだけ元気が出るのだから頑張って今年も三婆珍道中、実現しないとね。予防介護、予防介護っと。オリーブの里、 「二四の瞳」の小豆島あたりはどんなもんでしょうか、あんまり歩き回らないですみそうだし。(そこですか) そんなわけで秋までに何とか旅費を稼がねば! ファイト、オー!


SN3D0821

SN3D0820

SN3D0819




komorebi_3yo at 03:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月27日

制覇

昨日は、ちょっと野暮用で長男の留守宅まで。用はすぐ足(た)せたけれどついでに以前からピラミッド状に積み上がっていた本の山を今日こそはと制覇。思いのほか時間がかかってしまって、参った、参った。狭いワンルームのベッドの頭先にとんでもない山が立ちはだかっておりまして。おそらく読み終わったやつをポイポイ頭の上から投げてたんじゃないかと思う。ったく...長男め。

それでも冷蔵庫には適当に食材も買い込んでいてそれなりに自炊もやってるようだし、ものすごい干し方だけれど洗濯物も何とか出来てる様子。あとは掃除、ゴミだし、郵便受けのチェックがなかなかむずかしそう。駅前のスーパーで買ってきた材料で豆ご飯を炊いて帰ろうとしたら、なんと塩が見当たらず生まれて初めて塩なしの豆ご飯を炊いてきた。(ただどこにあるか気付かなかっただけかもしれないけれど。)

一人暮らしを始めてあっという間に数年になるけど、本人は正直どんな気持ちでいるのだろう。なかなか用がないと顔も見せないのでたまに用事をつくって訪ねるようにしている私は愚かな母親かもしれない。けれどやはり、いつでも気にかけている家族や親せきやら顔見知りの親しい人たちの存在もいざというときの為に押しつけない程度にアピールしておきたいのも正直なところ。ずいぶん昔になるけれど、学生時代に一人暮らしをしてた頃、ほぼ楽しい日々の連続だったけれど気分が沈んで元気のない時は絶対実家の親とは話せなかった。人にはそんなせつない日々もたまにあるものだ。それでもいざとなったらいつでも自分を待っていてくれる人たちが居てくれているという安心感が心のどこかで自分を支えてくれたりもするように思うから。 ま、もう少しだけ様子を(見過ぎないで)見ていようと思う。そうなわけで、本気でうっとうしがられる日を楽しみにしている今日この頃なのでござりまする。


SN3D0814


komorebi_3yo at 00:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月22日

全力

昨日は月に一度のヘルパー会議の日。ところが某所のスタッフのOさんから知らせがあって急遽午後からNがらみのある団体の総会に出席。市内の多くの作業所が集まっていろいろ協力し合っている会で今年でもう6年目になるらしい。内容は今年も頑張って参りりましょうってことでしたけど、ちょっと気になったのが来賓で来て下さっていた議員さん達の面々。

何人かの市の担当者さんやら議員さんたちがそれぞれ結構なご挨拶をなさって下さったのだけれど、そんな方々のきまってのご挨拶の第一声は「本日は6回目の総会を迎えられて本当におめでとうございました」。 おめでとう、おめでとうって...う~ん、ちょっと変。お一人の方は辛うじて何とか本日はご苦労様でございましたって結んで下さっていたけれど、電報メッセージもおめでとう、おめでとうって。ちっともおめでたくないんだけどなって心の中でつぶやくgreenなのでありました。(>_<)

そうそう、もうひとつ。朝だったか夕方だったか、TVの前を通り過ぎたときに耳にしたひとこと。お茶会用の炭をお二人で焼いておられる師匠のご老人とお弟子さん。ゆっくりイコールのんびりってことではなくて、ゆっくり全力でやるんだと話しておられたように思う。そうかぁ、ゆっくり全力でね。もちろん炭焼きの仕事は明らかにたいへんで真剣勝負なお仕事だとは一目でわかるわけだけど、作業のペースがゆっくりだとついのんびりお気楽でいいねぇなんて思われてしまいがちなNたちの作業もけっこう奥が深いってもんだ。N、ゆっくり全力がいいらしいよ。そしてそれがなんとか収入の道につながるとなおいいんだけれど。(ただそれだけのことなんだけどちょっと忘れたくなかったのでメモメモ。)なんのこっちゃ。


SN3D0810

SN3D0773

SN3D0772


komorebi_3yo at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月19日

猫達

すぐ更新するつもりが連日のガイドでちょっと歩き過ぎたせいか(ただし、自分比)、夜になると洗いものもそこそこにバタンキュー。で、手短かに火曜日に行ってきたNがらみの作品展。なぜ手短かにかと言うと…テーマがネコちゃんだったから。(>_<)  私、何を隠そう、ちょっとだけネコちゃんが苦手なのです。早い話がちと恐い、うはは。

某所の作品も少しは並んでいたけれど今回は他の工房さんの作品がとても楽しかったです。(いや、ほんと) フェルト、布バッグ、陶器、シルバーアクセサリー、手編み雑貨、皮、トンボ玉、張り子、万華鏡...そのすべてが猫、猫、猫。おお、ごちそうさまでした!! ギャラリーの入っておられる建物本体もツタのからまる大正チックな登録有形文化財とからしくて素敵。画像はほんの一部で他にも面白そうなものがいっぱい。でも検索にひっかかりそうでこれ以上、書けないぞ。ではまた。

SN3D0799

SN3D0791

SN3D0798

SN3D0796

SN3D0792

SN3D0806

SN3D0813


komorebi_3yo at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月16日

応援

昨日は朝早くからNは家の近くの競技場で陸上スポーツ大会に参加。朝の7時半頃から出かけたNを追っかけて?私も11時くらいには到着。陽射しはあるものの何だか強い風が吹き散らし、どちらかというとちょっと冷え冷えの半日。スポーツ音痴で何もわからない私ですけれどたくさんの役員さんのお父さん、お母さん、それに指導して下さる先生方に感謝、感謝。選手の皆さん、頑張っておられましたよ。

途中、時間があればちょっと足を延ばして先日少し時期が早くて見られなかったバラ園でも覗(のぞ)いて帰ろうかななんて思ったのだけれど、どうも途中で抜け出すタイミングが見つからず今年はとうとう閉会式まで居てしまいました。ま、たまにはいいですかね。家に帰ってお風呂に入って夕飯食べたらそのまま朝までバタンキューでありました。(もちろんNではなくて私が)(>_<)

今月もどんどん日が過ぎていってなかなか自分の時間がとれません。もう長いこと、八尾のギャラリーにも行ってないなぁ...何月だったかパッチワークの時にはぜひ観に行かせて頂きたいgreenなのでありました。ちなみに明日もちょいとNがらみの展示会で大阪市内まで出かけます。北浜駅下車徒歩5分(400メートル)? ちゃんと辿り着けるといいのだけれど…。どんなところかな、画像は明日のお楽しみ。


SN3D0787

SN3D0786

komorebi_3yo at 14:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月13日

人生


今朝、家を出る直前にあった実家の母からの電話。実兄の今年30歳になる次女、私の2番目の姪の結婚が決まり、この7月に結納がおさまるらしい。いよいよ第二の人生の始まりですな。結婚だけが幸せというわけじゃないけれど、何とか幸せな人生を送ってほしいなと思うgreenなのでありました。30年前の若かりし頃のピュアで初々しかった?あの頃がふと頭をよぎったりして。近いうち、また留袖を着る予定なので少しは痩せておきたい今日この頃です。(笑)

ちなみに実家は娘たちだけの家なので、思い切って彼氏にうちの名前に変わってくれない?と聞いたらしいけどそれだけはちょっと勘弁と断られたらしいです。ま、いいんじゃないの、幸せならば~♪。 うちの長男、その兆し(きざし)もございません。 ま、それも人生ですけれどね。近いうち、また長男宅を襲撃してくる予定。人が来ないと空気も入れかわらない悲惨な状況。たまに喝(かつ)を入れて少しはビビらせてやろうと思うのだけれど、これがまた息のつまりそうな部屋でそれなりにマイライフを楽しんでおるようで。

画像は先週、ガイドで通りがかった知らないお家の前に置いてあった鉢植え。みごとに美しい花々が玄関先にあふれていてつい写メを撮らせて頂いた。一声お声をおかけしたかったけれどどなたもいらっしゃらなかったので撮り逃げ。実は昨年も写させて頂いたとても穴場なお家なのでありました。さんきゅ。


SN3D0780

SN3D0775

SN3D0774


komorebi_3yo at 17:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 長男 

2011年05月08日

今頃

解散。こんな楽しそうな光景なのになんて寂しい、やるせない言葉なんでありましょう。(BBQはとっても楽しかったですけどね)。ま、ひとまずはひと区切りってところですかね。Nが長年、月一回のペースでお世話になっていたバスケットの練習を中心とした小さな交流会がとうとうこの春で解散ということになりまして。当初、ほんの数人のお母さん方が中心となって立ち上げたものが少しずつ成長して、スタートしたのが1994年からということなので17年間続いていたのだけれど、かつて小さい子供たちだったメンバーさんの年齢層も当然のようにあがってきてもはや青少年のくくりではなくなったのも解散のひとつの理由になったのかもしれない。(ちなみにNは17年間のうち、12年間通わせて頂きました)

解散は決まったけれどそれでもせめて最後にみんなで解散式を兼ねたBBQをしましょうということになり、本日10時半から3時前まで某河川敷で楽しく過ごしてきたのでありました。そしてBBQの終盤、後片付けも終えたあと、皆で輪になってひとことずつ今までの思い出話に花を咲かせているうちにこれからは月に一度というわけにはいかないけれど、年に一度は今日みたいにみんなで集まってBBQでもやりましょうか、これからも大人と大人、友人どうしという関係で長いスパンで楽しんでいきましょうよということになってみんな笑顔で帰路についたのでありました。あ~、よかった~。来年の今頃、再来年の今頃がちょっと楽しみです。

SN3D0752

SN3D0761

SN3D0755

SN3D0766

SN3D0768

komorebi_3yo at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年05月02日

休日


本日、連休のあいまの平日なれどNもおいちゃんも出勤日なので久々に私もひとりで休日。洗濯やらをざっと済ませてお昼前に銀行、郵便局その他もろもろの外回りの用事をこなした後、先月お友達のKさんから万博の日本庭園の無料招待券を頂いていたのでただ今開催中のえびね展に行って参りました。ところでえびねって...どんなお花でしたっけ。(>_<)

下の画像、このあたり本当にまだ小さかった長男やNと毎日のように通いつめた懐かしい場所であります。日本庭園にたどりつくまでにこれまた昔よく入ったことのある民芸館にも寄り道。今は芹沢銈介(せりざわけいすけ)展が開催中。Nが帰るまでに帰宅しておくつもりだったのにここでもつい面白くて館内をひと回りしたあと小一時間ほどの説明映像まで観てしまったりして。

やっと日本庭園の前まで辿り着きましたら、ちょうど入口のまん前にバラ園もあるんですけれどこれはまだちょっと早かったみたい。庭園の中をゆっくり歩いてとても気持ちよかったです。そしてえびねって、こんなお花だと知りました。(→ツバキの下の2枚) 可愛くてついつい見入ってしまいましたよ。いくらなんでもこのあたりで家に帰ろうと思ったのだけれど目の前にある民族学博物館(みんぱく)のウメサオタダオ展の案内板にふらふらと引き寄せられて急いで入館。ここも実に見応えがあってすばらしかったです。ウメサオさんの本が読みたくなりました。さて、また明日から頑張りましょうかね。Kさん、今日は本当に有難うございましたぁ~。


静岡市立芹沢銈介美術館 http://www.seribi.jp/


梅竿忠夫 http://www.minpaku.ac.jp/staff/umesao/


SN3D0723

SN3D0733

SN3D0724

SN3D0727

SN3D0729

SN3D0728

SN3D0736

SN3D0739

SN3D0740

SN3D0738

SN3D0737

SN3D0746

komorebi_3yo at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月30日

散策


本日、久々にNと三田あたりをひとまわり。歩きに歩いて5時間強。お疲れ~。

SN3D0689

SN3D0694

SN3D0715

SN3D0714

SN3D0712

SN3D0706

SN3D0702




komorebi_3yo at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年04月29日

連続


下の画像は先日何年ぶりにか購入してきたバイク用のヘルメット。2月頃にちょっと手を滑らせて足元に落としてしまって顔の前面部分の上下に動く透明のカバーの留め金の片方が壊れてたまにカタカタ音がするのでそのうち買い直すつもりがのびのびになっていたので。

それにしても思いだします。今回も前回と同じホームセンターのヘルメットコーナーで買ったのですけれど、前回は思いもかけぬハプニング。サンプル用に並んでいるもののひとつを持ち上げて手に取った途端、その棚のずっと向こうの端っこのヘルメットがなぜか突然落下。そして、そして、なぜだかその棚の下には水の入った四角いケースがあって…ボッチャーン! 思わずそばにいた店員さんと目が合って、私は知りませんよ、これを持ち上げただけですよとあわてて足早にレジまで走ったんでしたっけ。焦りましたわ~。メットも新しくなったことですし、気持ちも新たに気をつけて運転したいと思います。

ところで今日のタイトルの連続って何が連続? たいしたことありません、ただ2日連続でカレーを作ったという話。一昨日の夕方、Nのリクエストでカレーを作る。で、その前夜は白身の魚や豚のロースやら野菜やらで鍋をして、その時の白菜がほんのちょっとひとつかみ分残っていたのでその白菜もついでにザクザクと小さく刻んでカレーの鍋に放り込んだわけであります。だって、本当にわずかの量だし、煮たらくたくたになってとけるだろうと思ったし...。そうしたら思いもかけずNとおいちゃんの反撃にあいまして。

「カレーに白菜が入ってる~!」。それくらいたいしたことないやんと言い返す私にカレーに白菜なんて考えられへんと二人。Nが嫌がってるのがわからんのか、Nにしたらぜんざいにキャベツ入れられたのと同じやぞっておいちゃんが言う。ええぇっ~。ぜんざいにキャベツて...。かわいそうやからすぐにもう一回作ってやれって。そこまでのお言葉を頂戴するとは思わなかったけどそれほど言うならまた1週間ほど日にちを空けてから作るわと言うと、今すぐ作ってやらないと意味がないと…そうかぁ? 

こういうところ、おいちゃんもNもそっくりなので困ってしまう。結局おいちゃんが一番いやだったのかもね。長男がいたら問題のカレーもその場でぺろっと食べてくれて一件落着なんだけどな。それでそれ以上無駄に抵抗するのも疲れるので翌日に別の鍋にもうひとつのカレー。もうしばらくカレーは作りたくないgreenなのでございます。いくら私でもぜんざいにキャベツは入れませんて~。(>_<)


SN3D0651


komorebi_3yo at 00:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)