難儀浮上

2010年03月14日

門出

今月に入って最初の土曜日に実妹(4人姉妹の母)の次女の結婚式がありまして。朝早くおいちゃんの車で2時間近くかけて兵庫県内のとある岬にある小さなホテルまで。あいにくの雨天でガラス越しの海の風景はくもりがちでしたけれど、そこはそれ、ふたりの幸せそうな笑顔で和やかなお式となりました。

久しぶりにそろったたちのにぎやかさにも楽しい思いをさせてもらってきました。ついでに元気な実母のさりげない表情の画像も何枚か撮ることが出来たのでそれもめでたし、めでたし。(おばあちゃん、相変わらず自分らしい遺影を意識した日々が続いています...気に入るといいのだけれど)

そしてそんな楽しい1日に続いていつものようにあちこち用事に走る予定でしたのに何としたことかそのあと風邪をひいてしまい、1週間も寝込んでしまったのでした。ここのところ病院建設のトラブルやらいろいろあったのでちょっと疲れていたのかもしれません。

でももう大丈夫、明日からなんとか動けそうです。 それでも今回の不調で考えたこと。これも何の今の私への知らせなの? 体調の限界も考えずに、これだけは、これだけはといつまでも走れる時期もそう長く続くってことはありませんものね。ちょっとペースも落とさないといけないし、中身も考えないといけないよとどこかから声が聞こえてきたような気がしました。(たいして動いているわけでもないのだけれど、あくまでも私にすればという話、あは) ←いろいろ、だましだましやってますもんで。

ちょうどこの年度末のいろいろやら4月からの予定がどんどん詰まっていくこの時期にひっくり返ったおかげでちょっと頭が冷えてよかったです。4月からのケアもちょっと無理っぽいけど仕方なくとりあえずお受けしてしまった分も思い切って取り消して頂いたし、ほかにもいろいろ。私もいいかげん地道でゆったりとした身体によい生活もしなければ。何せまだやり残していることが多すぎますから。

12日、誕生日だった長男に電話を入れたらかえって体調をくずしたことがばれておこごとを食らう。今すぐ体に良いものを食べて運動してもっと筋肉をつけないとダメだと。う~ん、もう本当にそんなに無理のきかない歳になったのかなぁ。ま、まだしばらくは大丈夫でもたまに少なくとも省(かえり)みることは必要かもね。(兄ちゃん、わかったから電話口で親を叱りつけるのはよしてね。そのまたしつこい口調が私そっくりで...ちとうんざり)

若いふたりの門出にあやかっておばちゃんもなんとか考えることにするよ、しあわせにね、朋ちゃん。



SN3D0084  SN3D0135  SN3D0132 SN3D0109  SN3D0088



komorebi_3yo at 22:14│Comments(0)TrackBack(0) 好きな... 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
難儀浮上