簡単帰還

2011年06月23日

柳生


今年秋にも予定している三婆(四婆?)珍道中がピンチです。実は先日見舞いに行った叔父は一緒に出かけようとしている叔母の夫。田植えやら何やらで疲れて抵抗力が落ちていたところ、なぜか全身に湿疹が出来てしまって急遽入院しての治療となりまして。法事のあと、義兄夫婦と私たちと叔母で病院に行ったら叔父の状態もかなり落ち着いていてほっとひと安心。年齢(84歳)的なこともあってか用心してひとまずはゆっくり養生して頂くということで。

そしてその翌日の日曜日、実妹と車で病院までその叔父を訪ねた実家の母。久しぶりに叔母とゆっくり話せてお見舞いとは言いながらも楽しい一日を過ごしたよう。ところがこの母も、前日、今年とれた新玉ネギを紐(ひも)で結わえて背伸びして軒下にかけようとしておそらく皮のかけらが上を向いている母の
目に入ってしまったのか目が開かないくらいに腫れあがってしまって...朝から眼科に走って見舞いの当日は眼帯がはずれたばっかりだったのであります。

心配して実兄に電話をかけたら「だいじょうぶ、昨日はまだ柳生十兵衛だったけど今日はもう眼帯もとれてるしなって。ったく、柳生十兵衛だなんて不覚にも笑ってしまうではありませんか。眼の方はそれでひと安心だったのだけれど母もちょっと抵抗力が無くなっていたみたい。見舞いの翌日の朝、突然ヘルペス(帯状疱疹)になりまして。おそらく叔父の病院に行った時、皮膚科病棟を歩いたのでたまたまそこでヘルペスウィルスをもらってきたのかも。

叔母の背中のかがみ具合も急にすすんできたような気がするし、こんな感じで二婆の様子がなかなか元気いっぱいというわけにはいかなくて。そろそろ誰か車を運転してくれる助っ人が必要かもね。それでもなんとか今年くらいまではゆっくりゆっくり、のんびりのんびり三婆(四婆?)で出かけてみたいのだけれど。さてさて、どうなりますことやら。

SN3D0858
SN3D0857


komorebi_3yo at 21:09│Comments(0)TrackBack(0) 介護 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
簡単帰還