介護

2015年04月27日

認定

少し低いめのベッドからの起き上がりや入浴時の椅子からの立ち上がりが危なっかしくなってきた母の様子を見に久々に実家まで。兄と相談してちょうどその日にあらかじめお約束して頂いて高齢福祉課の介護認定の調査の方にも来て頂いて一緒に面談。出来ることなら電動の介護ベッドのレンタルやシャワー用の椅子の購入が出来るといいなということで。

でもねぇ、電動ベッドとかはあんまり介護度が低いとダメなんですよね。身体の割には有り難いことにまだ頭もしっかりしていて何でも話せる母、案の定、役所から自分のためにわざわざ来てくれただけでどうもいつも以上に元気いっぱい。受け応えがばっちりすぎてハラハラしてしまいました。結果の方はさてさてどうやることやら。(あちゃー)


IMG_8963

SN3S0120

SN3S0119


komorebi_3yo at 00:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月09日

左折

久々の更新。思いもかけぬところからケアホームの世話人さんの職へのお誘いを受け、どんなところか個人的にも興味があってひととおり仕事を覚えてメンバーさん達ともうまく過せるようになるのに約半年

以前からお受けしているガイドヘルパーやら入浴介助のある身体介護のケアの仕事も細々(ほそぼそ)ながら削ること無くやってきたのでたまった家事やらNやおいちゃんの細々(こまごま)な雑用なんかも溜まる一方。そんな中、ケアホームで夕飯を作ったり洗濯物を畳んだりの仕事のほかにPCでちょっとしたシフト作りや書類の整理、はたまた利用者さんの区分認定の聞き取り調査の準備とか駆り出されることも多々あって、先日にはとうとう、このままあと10年ほど常勤さんで働きませんかなんて言われてしまいました。

ほほぅ、常勤さん。ボーナスも年に2回、ボーナスだけで合わせて60万はあるんだそうな。週に一度は泊まりもあるけど普段は昼間の事務仕事をすればいいじゃないとか何とか言って下さる。ちょっと想像したら何やらニヤけている私がいたりして。あら、本当にそんなことが可能なの?(想像するのは自由ですもんね)

話は変わって最近読んでる介護関係の本の中からちょっと意表をついた左折の話。認知症がすすんでしまわれた方が知らないうちにお一人でどんどん出かけてしまったりする、いわゆる徘徊。その方をたったひとりで探しに行かないといけない時に分かれ道に遭遇したら左の道に進んでいけば見つけやすいんだとか。人間はだいたい左足が軸足(じくあし)になっているので無意識に左の方へ左の方へと歩いて行きます。(へぇ~、そういえば私もバイクでは右折より左折するのが好き。これも軸足のせい? いやいやちょっと違いますよね)  陸上競技でもトラックは全部左回りになっているらしいです。どこかの小学校でトラックをまちがって右回りにして徒歩競争をさせたらカーブのところで驚くほどたくさんの子供たちが転んでしまったんだとか。何だか面白いですね。 

再びもどって仕事の話。やっぱり常勤のお話はおいしいけれど、そのせいでNが調子を崩したり、今以上に気配りできなくなる状態は本意ではない。一瞬だけれどちょっと角を曲がり違えそうになった危い夜でありました。チャン、チャン。


SN3S0131

SN3S0128



SN3S0130

SN3S0129


komorebi_3yo at 05:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月21日

梗塞

一昨日の夕方、お盆の墓参りもすませてまたいつもの日常に戻った途端に実妹からの電話。16時半頃に母が心筋梗塞で専門病院に救急車で搬送されて、今、兄夫婦と一緒に病院に向かっているところだと言う。16時半頃...たまたま時間が空いてその1時間ほど前に外出先から携帯で電話をかけてつい先ほど話をしたばかりだったのに。

血圧や血糖値、それに前回受けた検査もろもろの結果はどうだったの?と私。今のところどの項目も順調で言うことなしだと言っていたのでひと安心してたのに。ここのところ恒例になっている秋の小旅行(本当に小さな一泊旅行)のことやら楽しく話して声も元気だったのになぁ。

万が一のことが頭のどこかをかすめながら慌ておいちゃんと病院にかけつけたのだけれど、思いのほか処置が早くてずいぶん軽くすんだとのことで、ホッ。この週明けにもICUから一般病棟に移れそうでよかったです。

ところでうちの母、急に胸が痛くなったのでいつものかかりつけの病院に自分で電話をして5分ほどのところだけれどバイクに乗って自力で病院まで。そのあとすぐ専門病院に搬送して頂いて処置。早く辿り着けたのがよかったらしいです。80歳にしては、かなりのgood jobでありました。1カ月ほどの入院予定なのでしばらく通おうと思ってます。

SN3D0960




komorebi_3yo at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月23日

柳生


今年秋にも予定している三婆(四婆?)珍道中がピンチです。実は先日見舞いに行った叔父は一緒に出かけようとしている叔母の夫。田植えやら何やらで疲れて抵抗力が落ちていたところ、なぜか全身に湿疹が出来てしまって急遽入院しての治療となりまして。法事のあと、義兄夫婦と私たちと叔母で病院に行ったら叔父の状態もかなり落ち着いていてほっとひと安心。年齢(84歳)的なこともあってか用心してひとまずはゆっくり養生して頂くということで。

そしてその翌日の日曜日、実妹と車で病院までその叔父を訪ねた実家の母。久しぶりに叔母とゆっくり話せてお見舞いとは言いながらも楽しい一日を過ごしたよう。ところがこの母も、前日、今年とれた新玉ネギを紐(ひも)で結わえて背伸びして軒下にかけようとしておそらく皮のかけらが上を向いている母の
目に入ってしまったのか目が開かないくらいに腫れあがってしまって...朝から眼科に走って見舞いの当日は眼帯がはずれたばっかりだったのであります。

心配して実兄に電話をかけたら「だいじょうぶ、昨日はまだ柳生十兵衛だったけど今日はもう眼帯もとれてるしなって。ったく、柳生十兵衛だなんて不覚にも笑ってしまうではありませんか。眼の方はそれでひと安心だったのだけれど母もちょっと抵抗力が無くなっていたみたい。見舞いの翌日の朝、突然ヘルペス(帯状疱疹)になりまして。おそらく叔父の病院に行った時、皮膚科病棟を歩いたのでたまたまそこでヘルペスウィルスをもらってきたのかも。

叔母の背中のかがみ具合も急にすすんできたような気がするし、こんな感じで二婆の様子がなかなか元気いっぱいというわけにはいかなくて。そろそろ誰か車を運転してくれる助っ人が必要かもね。それでもなんとか今年くらいまではゆっくりゆっくり、のんびりのんびり三婆(四婆?)で出かけてみたいのだけれど。さてさて、どうなりますことやら。

SN3D0858
SN3D0857


komorebi_3yo at 21:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月12日

必然

前後するのだけれど昨日土曜日はヘルパー事業所の月に一度の定例会。そして12月ということもあって場所をかえてそのまま忘年会とあいなりまして。おいしい料理と楽しい仲間。和(なご)やかでとてもよい時間を過ごせました。(来年もがんばろう!)

ところで宴もたけなわ? いろいろ日頃お話をしたこともない方ともお話もできまして。(ヘルパーは日頃、結構一人行動が多いですしね) で、最近入られた新しい方がお二人ほどいらして...。いろいろお話していたらなんと偶然彼女が隣県に住む私の20年来のNがらみの知人の兄嫁さんだと判明。お互いびっくりして息を飲んでしまいました。

で、もうお一人方も以前に郵便配達をされていた時期があって、なんとほぼ10年近く我が家にも配達して下さっていたらしい。何だか偶然にしてはすごい、よくわかりませんけどふと必然という言葉が頭をよぎりました。ちょっと覚えておきたくて、ハハ、ただそれだけの話。

今年もそろそろの季節にあいなりました。
       ↓

SN3D0321

komorebi_3yo at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)